生活する人のための住まいづくり – 「高気密・高断熱」

高気密・高断熱を考えた住まいづくり

こだわりの基礎断熱

居住空間が暖かくあるために欠かせないのが基礎断熱。
野坂工務店では基礎の立ち上がり部分をスタイロフォーム(断熱材)で囲み、地面は湿気や冷えが上がりこむのを防ぐ為に防湿シートの上にスタイロフォームを敷き、コンクリートを流します。

スタイロフォームの特長

  • 1. 熱を伝えにくい(冷暖房のエネルギー消費を抑える)
  • 2. 水を吸収しない(耐水性能に優れた断熱材)
  • 3. 軽くて丈夫(圧縮強さに優れ、丈夫)
  • 4. 加工が簡単(市販のカッターなどで容易に切断でき、細かい施工が可能)

しっかりと断熱された床下の空間にも、換気システムによって空気を循環させるので床下の温度は室温に近い状態に保たれ、お部屋では足元の冷えを感じません。また換気は、室内に緩やかな空気の流れを作りますが、屋根、壁、床下すべてがしっかりと断熱されていることで、天井付近と足元の温度差がほとんどない、快適な室内空間を作ります。

暖房器具について

ここ青森では毎年厳しい寒さが訪れます。暖房をどのシステムにするかということは、冬の暮らしの快適さを左右する大切な選択になります。ひとことで『暖かさ』といっても暖め方が違えば感じ方にも違いがあります。暖かい場所、空気の流れ方などはそれぞれのシステムによって個性がありますので、ご家族構成やライフスタイル、ご予算に合わせてお客様にいちばん合った暖房が見つかるよう、何度も対話を重ねながらご提案させていただいています。

当社で採用している代表的な暖房システム

CO2ヒートポンプ温水暖房機

家の中が一日中暖か。CO2ヒートポンプとは空気の熱を利用し暖房エネルギーとして有効活用するシステムです。室内は日中と夜間での温度差がほとんどないので、朝のお目覚めのときも外から帰ってきた時にも、冷えによる体のストレスがなく健康的に過ごせます。消費電力を減らしながら効率よく暖房するので、普通に暮らしているだけで節電や節約を行うことが出来ます。

熱源機

サンデン(株)エコルノ

サンポット(株)エネフロー

暖房コントローラー

放熱器

温水パネル暖房

低温輻射熱で暖めるので空気の乾燥が少なく、やわらかな暖かさが特長です。

床下専用放熱器

床下に床下専用放熱器を設置し、輻射熱を循環させ床のガラリから室内を暖めます。

床暖房パネル

フロアそのものを暖めます。足元からあたたまるので効率よく温かさを感じることが出来ます。暖房器具を床に置く必要がないのでお部屋を広く使うことができます。