住み続けられる住まいづくり – 「OHPパネル」

OHPパネルで安心・快適な住まいづくり

「OHPパネル」とは?

OHPパネルとは、上下左右の地震力に対して抵抗力を発揮するOSB(構造用パネル)に、アキレスウレタンボード(断熱材)と気密性を高める為の気密パッキンを一体化させた自社開発のパネルです。断熱性能を左右するアキレスウレタンボードは水に強いので経年劣化が少なく、長期に渡って断熱効果が持続します。

わずかな隙間からの空気の漏れがないよう正確な採寸と加工をし、熟練の作業員によって組み立てられたOHPパネルを、在来軸組み構造の柱と柱の間にはめ込んでいきます。
その外側に壁内の湿気を屋外に排出する働きを持つ透湿防水シートを貼り、通気層を設け、外壁材を張ります。OHPパネルと柱の間に空気が通る通気スペースを設けることによって、湿気をこもらせない状態での高気密・高断熱を実現しました。


「OHPパネル」の優れた特徴

高性能パネルを使用するため耐震性に優れています

OHPパネルは耐震性にも優れているのが特徴です。地震の際、従来の一般住宅では柱や筋交いに大きな力が集中し、そこから損壊することが考えられますが、OHP工法は筋交いを含むパネルで壁面が一体となっているので、地震の圧力が分散されます。つまり地震のエネルギーが部分的に集中しないので建物全体にかかる負担が軽減され、地震に耐えられる家となるのです。

耐力壁としての能力の大きさを数値で表す壁倍率では、数値が大きいほど強く頑丈といえます。従来木造工法の場合が基準値の1.5倍の壁倍率なのに対し、OHPパネルでは2.5倍の壁倍率を達成しています。


「OHPパネル」の優れた特徴

自社開発だから早くて正確

OHPパネルは、私たちが快適で健康的に永く住まう家づくりを真剣に考え、研究・開発するため、加工はすべて野坂工務店の自社工場で行なっています。
野坂工務店で建てるお客様の家は全て自由設計ですが、100%OHPパネルを採用して建てられます。パネル製造から施工まで自社で行なっているのでどんな寸法の家でも柔軟に対応し、お客様の家づくりをスムーズにお手伝いできるという大きなメリットがあります。

OHP工法を用いた高断熱住宅は、保温性に優れ、足元と頭部での温度差、部屋間の温度差が少ないのが特長です。どんな季節でも快適に安心して暮らせるよう、野坂工務店では気候や風土を考えた住まいづくりをしています。