国の省エネ基準を満たした家

2階建て

平内町 H様邸

【この住宅の施工ポイント】

断熱材は充填(高性能グラスウール)と外張り(ネオマフォーム)で内と外の両方を断熱する付加断熱工法を用いて高気密高断熱とすることにこだわりました。
そしてさらに、省エネ設備(ヒートポンプ暖房やエコキュート、LED照明、熱交換気システムの導入など)と創エネ(太陽光パネル)を組み合わせた住宅です。
国の建築物に対する省エネルギー性能表示制度の【BELS】では最高ランクの☆5つの評価を取得致しました。
住宅の性能を上げ、省エネ性能の高い設備を使用しさらに太陽光パネル(6.12Kw)を屋根に載せることでこちらの住宅はゼロエネルギー相当の住まいを実現することが出来ました。

女性スタッフオススメポイント

こちらの住宅では太陽光発電を導入致しました。CANAMEのパネルを使用していますがこちらのメーカーは日本で一番最初に屋根一体型の太陽光パネルを製造した屋根の会社です。屋根と一体になっているので屋根とパネルをボルトなどで固定する必要がなく、そして屋根の塗替えの必要もないのが特徴です。そしてパネル自体も雪の付きにくい素材なので冬でも発電してくれます。
外壁材には金属サイディングを使用し更に玄関周りにはタイルをアクセントに使用しています。また、玄関ホールの壁は間接照明で照らすことが出来、壁の凹凸の立体感を生み出しています。玄関やホールそしてトイレに張られたタイル『エコカラット』とは調湿力・ニオイ吸着力・VOC吸着力のちからで綺麗な空気を作るインテリア向けデザインタイルです。機能性はもちろんのこと壁のアクセントとしても人気です。
キッチンや洗面化粧台周辺にはマグネットタイプのパネルを張りました。キッチンタイマーやレシピを書いた用紙などを貼ることも出来ますので色々と活用できそうです。
天井の高い2階ホールのロフトは子供さんたちの遊び場や収納スペースとしても活躍してくれそうです。
1階のテレビ台周辺や階段の手すり、そしてロフトには無垢の木材を自然塗料にて木目を表現しました。LDKやホールに造付けられた収納やちょっとした棚が多いのも嬉しいですね。